【女性に話題のシミ治療】レーザー治療で美肌を作ろう

キレイ実現!

美容皮膚科で美白を目指す

医者

照射系の効果や特徴

いつの間にかできてしまったシミを治療してくれるのが美容皮膚科クリニックです。美容皮膚科にはシミ退治の専門医がいることから、セルフケアではできないほどきれいに消してくれます。シミを消す方法として定番となっているのが医療レーザー治療です。シミ以外にも、あざやほくろや刺青などを消す治療でも、医療レーザーが使われています。レーザーのメリットは深く濃いシミも一回でしっかりと消えるところです。また、薄くぼんやりした肝斑も、レーザートーニングという低出力な医療レーザーでなくせます。レーザー一回あたりの料金は1万円以下の美容皮膚科がほとんどで、それほどお金がかからないところもメリットの一つです。レーザー治療の唯一の難点が、ちょっとしたダウンタイムがあるところです。レーザーを当てた部分はしばらく赤く陥没したようになるので、その部分は絆創膏を貼ってカバーしておく必要があります。美容皮膚科では、レーザー治療をしたあとに強力な防水性と粘着性がある、肌と同化して目立たない絆創膏を貼ってくれます。絆創膏は2日〜3日ほどそのままにしておく必要があり、メイクが必要な場合は絆創膏の上からすることが大切です。絆創膏を剥がしたあとは、美容皮膚科で処方された抗生物質入りの軟膏を一日一回患部に塗布する必要があります。赤みや陥没が目立たなくなるまでには、治療してから2か月程度かかるのが一般的です。美容皮膚科にはダウンタイムなしでシミをなくす治療もあります。イタリア製のフォトシルクプラスは、レーザーよりも穏やかなフラッシュをシミに当てて、メラニン色素を分解する最新の美白系医療機器です。美白系医療機器といえば、代表的なのがフォトフェイシャルです。フォトフェイシャルは幅広い波長のあるIPLなので、広く浅く、幅広い肌トラブルを解消する医療機器です。それに対してフォトシルクプラスは波長の幅が狭く、シミ治療に特化しているのが特徴です。そのため、フォトフェイシャルでは消えなかったシミも、フォトシルクプラスできれいさっぱりとなくすことが可能です。治療中は輪ゴムではじかれたほうな痛みがありますが、痛みの感じ方は人それぞれでまったく無痛の人もいます。治療時間は顔全体で15分ほどで、メイクやクレンジングや入浴は当日から可能です。料金は3万円前後が相場で、美容皮膚科によっては3回〜6回のコースを契約すると一回の料金が割安になります。最初は3週間〜4週間に1回のペースでして、落ち着いたら2ヶ月〜3ヶ月に一回のペースで継続するのがベストです。

これでマイナス10歳顔に

女性

顔にシミができて、実年齢よりも上に見られて困ったという経験はありませんか。従来では取れにくかったシミも美容整形外科ならレーザー治療で簡単に取ることが可能です。ここではシミ取りレーザーの大まかな流れをご紹介いたします。

再生療法で美しい素肌へ

ナース

自然回復力を活かした皮膚の再生治療など、美容クリニックでは綺麗な素肌を目指せるシミ取り治療が受けられます。また、美白と美肌効果も望めるレーザートーニングというシミ治療では、レーザー照射でメラノサイトの働きを抑え、シミを薄くする仕組みです。

美は生活を変えてくれる

カウンセリング

シミ除去を行うことで、見た目の年齢は大きく変わってくるでしょう。しかし、その治療方法はとても多いので、自分自身でも事前に学習して検討するようにしましょう。レーザーを利用した治療方法など、できる限り肌に影響が少ない方法を選びましょう。

効果の高い美容整形外科

鏡を見る人

治るまでに時間のかかるシミの問題は美容整形外科を利用すると、短い期間で症状を改善できます。受けられる治療法としてはレーザーや注射を使ったやり方があるので、自分の問題に合わせた治療法を選べばお肌のトラブルを改善可能です。